財産分与の・請求期間・税金

2014年2月17日 / 未分類

 

 

相続は発生した際に、相続人で財産の分割を行います。
この財産分割に伴い、また、相続税の申告期間は、実は相続が発生してから、10カ月間です。
時間があるようで時間はないのです。
この期間内で、相続人間で財産分割の協議を行い、遺産分割協議書を作成したうえで、相続税の申告書を作成して申告を行い、納税を行うことになります。
相続税の申告計算で、配偶者やその子によって、計算方法が異なるため、仮にこうした申告後に、財産分割のやり直しが行われた場合には、相続税の税金自体が納めすぎになるケースも少なくないのです。
仮に、相続税の納めた税金が多すぎるケースになった場合には、この更正の請求期間内であれば、還付請求を行うことが出来るのです。この更正の請求ができる期間は、相続税の申告書を提出した日から5年以内になっています。この期間を経過した後に、申告のやり直しをすることはできないのです。
逆に、財産分割のやり直しで、本来納めないといけない税金が増加する場合には、修正申告しおなければなりませんが、この修正申告が出なかった場合には、税務官庁は税務調査により更正することができます。この増額更正ができる期間は、更正の請求の期間と同じ5年となっています。

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る