財産分与の算定

2014年2月17日 / 未分類

af9920074267l

 

夫婦は結婚生活を維持できなくなってしまった場合、離婚という選択肢を選ばざる得ないことがあります。本来ならば、結婚した限りは死ぬまで一緒にいる方が望ましいのですが、そのためにお互いの心や体に悪影響が出てしまうようならばそんなことは言ってはられません。そこで、離婚をする際に気にしなければならないのが婚姻関係中に気づいた財産の配分です。
これは離婚の際に、慰謝料よりも問題になり面倒なポイントです。多くの場合、夫が働き、家などの不動産を夫の名義で買うことになりますが、だからといって妻に何の権利がないというわけではありません。妻は妻で役割を果たし、その役割の下に成り立った不動産という財産なので場合にもよりますが公平に分配されます。基本的な算定方法として夫婦間の話し合いで決められますが、夫婦が共有財産形成のためにどれほどの貢献をしたのか貢献度に応じて配分が決められます。たとえば夫婦共働きの場合、実働時間に大きな違いさえなければ基本的に半々の配分となります。妻が専業主婦の場合、家事労働は低く評価されてしまい20~50%くらいが平均となりますが、不動産購入時に妻もお金を出していたり、離婚時に妻が高齢な場合、半々の配分になることもあります。夫婦で家業に従事していた場合は基本的に共働きのケース同様半々となりますが、一方の手腕が大きかった場合はその寄与度に応じた分配となります。
このようにして、財産は計算され分配されます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る