離婚により困窮する元配偶者の扶養

2014年2月17日 / 未分類

 

 

離婚をすることで、さまざまな解決をしなければならない問題が発生します。その中でも財産についての問題は非常に大事なことです。夫婦が離婚をする場合、その時点で所有している財産は夫婦がお互いに協力をし合って築き上げてきたものとみなされます。そのため、離婚時には双方が話し合いの場をもって財産の取り分に関しての取り決めをしなければなりません。これを怠ってしまうと、正当な権利にもかかわらず財産の取り分が減ってしまうなどの不利益が発生してしまいます。
離婚による財産の分け方には大きく分けて3種類の方法があります。
ひとつ目は清算的な財産の分け方で、これは離婚の原因とは関係なしに婚姻中に築き上げてきた財産をそれぞれの献身度に応じて分配することになります。このことは婚姻中に築き上げた財産は夫婦の共有財産であるとみなされるからです。
ふたつ目は慰謝料的な財産の分け方で、不倫や暴力などの原因で離婚に至った際に、被害を受けた側の配偶者が傷つけられたことに対して慰謝料として財産を受けるかたちとなります。
最後に扶養的財産分与と呼ばれるものがありますが、これは離婚によってどちらかの人物が生活に困窮してしまうような場合、その生活を扶助する目的で財産が分け与えられることになります。

af9920074267l

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る