婚姻中の合意による分け方

2014年1月27日 / 未分類

 

af9920074267l

 

の日本は離婚するカップルが三組に一組とも言われており、離婚は決して珍しいものではなくなりました。
離婚方法は大きく分けると三通りの方法があります。
それは、協議による離婚、調停による離婚、裁判による離婚の三通りなのですが、ほとんどの場合が当事者間の協議によって離婚が成立しています。
ただし、婚姻関係を解消する場合には、必ずと言ってお金の問題が発生します。
当事者間の協議でお金の分け方が合意できればいいのですが、必ずしもそうではなく、その場合は協議が不成立ということになります。
協議離婚を断念した場合、次に行うべき行動は調停ということになります。
日本では離婚裁判を行う前に、必ず調停を行わなければならないのです。
もちろん間に第三者を挟む形になりますが、基本的には話し合いをするたの制度ですから、裁判の判決のように一方的に結果を押し付けられることもありませんし、話し合い自体には法的拘束力はありません。
当事者間の話合の結果、なんらかの結論が出た場合において初めて調書が作成され、ここで初めて法的拘束力が発揮されるのです。
もちろん協議によって話が整えばそれに越したことはないのですが、裁判の前に調停という形でもう一度話し合いをするチャンスが与えられており、、これは、出来るだけお互いが納得できる形で離婚をするための制度なのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る