婚姻中の財産とは

2014年2月17日 / 未分類

 

 

夫婦は離婚する際、慰謝料、子どもがいる場合は親権や子の養育費、面接交渉権など様々なことについて決める必要がありますが、その1つに婚姻中の財産の取扱いがあり、これは慰謝料よりも厄介な問題となりえます。。
婚姻中の財産には共有財産があります。これは婚姻中に夫婦の共同名義で購入したものや家具や家財などのことで、夫婦どちらのものか判断できないものもこの財産に当たります。また、婚姻中に夫婦が協力して取得し、夫婦どちらかの名義になっている財産も実質的にこの財産に含まれます。具体的には不動産、自動車、銀行預金、株券、ゴルフクラブなどの高額会員権、退職金などがこの財産に含まれ、離婚後に財産の配分の対象となります。この財産以外の婚姻中の財産として、婚姻前に夫婦が個人的に所有していた財産や、婚姻中に得た遺産や贈与などがあたり、特有財産と呼ばれます。特有財産は基本的に離婚後の財産の分配の対象にはなりませんが、夫婦のどちらかが特有財産の形成、維持に貢献していれば、その寄与度に応じて配分されることがあります。
これらの財産が婚姻中の財産であり、離婚後に、これらを夫婦の事情や貢献度などから判断し、算定され、分配されます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る